映画(アニメ)チラシ○×△・・・(まだ仮名w)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『言の葉の庭』のチラシ

<<   作成日時 : 2013/05/28 18:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
『言の葉の庭(2013年5月31日公開予定)』
“The Garden of Words”Animated Flyers




         ココで一発!ランキング応援クリックをヨロシクw
             検索・画像お持ち帰りの方は特にw
にほんブログ村 映画ブログ アニメ映画へ
にほんブログ村
                いつもクリックありがとう♪


『言の葉の庭』(ことのはのにわ The Garden of Words)は、新海誠監督の日本のアニメーション映画作品。2013年5月31日公開予定。キャッチコピーは"愛"よりも昔、"孤悲(こい)"のものがたり。

『星を追う子ども』に続く、新海の2年ぶりとなる6作目の監督作品。新海の初めての「恋」の物語と銘打っており、万葉集を引用している。万葉集の表現の研究者である倉住薫(大妻女子大学・文学部・日本文学科 助教授)が協力している。背景は雨が重要な要素を担っており、シーンの約8割が雨のシーンで構成されている。2013年5月31日より公開となり、公開日よりBlu-ray Disc・DVDの先行発売が行われる予定。一般発売は6月21日。

『月刊アフタヌーン』(講談社)2013年6月号より、本橋翠作画による漫画版が連載されている。また、メディアファクトリー刊『ダ・ヴィンチ』8月号より小説版の連載が開始予定。同誌は『秒速5センチメートル』の小説版も刊行しており、執筆も同様に新海誠自身が担当する。

2013年2月に野村不動産グループ『プラウドボックス感謝祭』にて公開された、新海が監督したショートフィルム『だれかのまなざし』が同時上映で公開される。(Wikipedia調べ)

新海誠といえば〜ほしのこえ(2002年公開)アマチュアながら〜監督・脚本・演出・作画・美術・編集などほとんどの作業を一人で行った約25分のフルデジタルアニメーションで多くのアニメーション賞に輝き、アニメーション作品自体も、後のノベライズ化、漫画化などを経て一気にメジャーアニメーション作家になった御方w

雲のむこう、約束の場所(2004年公開)秒速5センチメートル(2007年公開)など情景が独特の雰囲気がある作品を発表してきた監督w

アニメーションがセルワークからデジタルになってワシ的には“味わい”が無くなったが、少人数でもある程度の作品ならばある程度の期間で制作できるようになった世代の新しい監督さんw
TVでのシリーズ作品は無いが、自分が作りたい作品を自分が作りたいように制作しているように思える数少ない監督さんw


チラシを見ると・・・池と大きな樹がたくさん植えてある公園の東屋・・・ 雨が降ってるが〜遠く西の方から雲間が切れてて太陽が顔を出し始めて〜木々から落ちる雨のしずくが陽の光を反射して明るく見える、きっともうすぐ雨も上がるはず…な一瞬を切り取って緻密な水彩画で描いたようなイラストw

東屋には夏服の制服姿の少年と若いが少年よりも年上らしき女性・・・
裏書を見ると解るのだが〜雨の日にたまたま出会った二人・・・靴職人を目指す少年が雨宿りの間に出会った女性の靴を作るための足の採寸とデザインをしてて〜いつの間にか時間が経ち、雨が上がろうか・・というタイミングを切り取ったイラストw

手前の樹や草、柵などは輪郭がクリアに描かれてて、東屋の二人はそれほど緻密には描かれていないw奥の木々はさらにもっと輪郭が柔らかく描かれていて…まるで写真(実写)を水彩画で描いたように見えるw
しかも〜木々から滴る雨の沢山のしずくが遠くの雲の切れ目から射す陽光でキラキラと煌めいている・・・w
こうして言葉に書かれていると簡単に思えるがw 画にしてこれを誰かに伝わらせようとすると〜なかなかできないw

アニメーションは見たものをそのまま描がいて同じように動かすものではなくて、見た感じをそれらしく描いて誇張して動かすことを求められるw そこが実写との違いであるw
でも最近では実写でも演出で〜誇張させて制作してるw

今回の『言の葉の庭』の公式HPの予告を見たが〜1997年公開のジブリ作品『もののけひめ』を思い出したw
呪いを受けた少年がその呪いをとくために呪い神の足取りをたどって戻る旅の道中・・・雨が降ってきて乾いた岩の上に点々と雨のしずくが落ちて来て〜滴の跡が乾く間もなく岩が濡れていく・・・雨の降りはじめと、雨が止んで川が濁り、轟々と流れて雨が上がった・・・たったこれだけの表現ではあるが、あのシーンだけは忘れられない・・・ワシにとってあの表現方法は新しく感動的に見えたw

『言の葉の庭』の予告の中の〜木々の表現、陽光の日差し、雨の滴がコンクリート板に薄くできた水たまりに落ちた瞬間に水が跳ねる表現・・画面の手前と奥とをわざとフォーカスをきわどく描いて“奥行き”を強調させた画面・・・そのものを描くのではなくて〜それらしく描いている・・・この表現は独特で美しく感動的でさえあるw

チラシを見ても言葉よりも多く語られるような美しいイラスト・・・『言の葉の庭』のタイトルのデザインロゴも〜和風なテンポとデザインを感じるw
出来のいい作品は全ての出来が良いw チラシからだけでもそれが解るところがすごいw


『言の葉の庭』公式HPはコチラ




――――――――――― to top

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『言の葉の庭』のチラシ 映画(アニメ)チラシ○×△・・・(まだ仮名w)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる